大阪府

2009年03月10日

とまとの里 信濃路@阿波座

信濃路 外観信濃路 店内のサイン
 大阪に出張でございまして、晩飯を終えて珍しくクラブ活動に行かずw中之島のホテルに戻るもまだ20時半!!
 携帯の某ラーメンサイトを覗くと、ココから徒歩10分位の所に「宝天麺」なるものを食べさせてくれるお店があるらしいことをリサーチ。
 しかも達人さんの評価も上々ってことで、時間がまだ早え〜な〜なんて思ったので、上司を誘って土砂降りの雨の中行ってきやした。
 場所がよくわからないので、こちらのお店の近くにある中国領事館を警護しているおまわりさんに聞きながらやっと到着。
 すげ〜親切だったのが印象的でした♪(^_^)
 店の前まで行き、外観画像を撮ると外の電気がパッと消えました・・・。
 え?まじ?(^_^;)
 時間を見れば21時5分前。やばい、終了か!?
 店員さんに「まだいいですか?」と聞くと「どうぞどうぞ〜♪」と言うことで一安心♪
 店内の壁には有名人のサインがびっしり!
 とりあえずお店の売りである「宝天麺」の並を注文。つ〜か麺類はそれしか無いみたいです。

信濃路 宝天麺信濃路 宝天麺の具2
 出てきた宝天麺とはトマトラーメンの事みたいで、鶏がらベースの醤油スープに思いっきりアーリエオーリエなピリ辛ニンニク風味!
 散々飲んだ後の私らには美味いですけど、こりゃ〜昼間はニンニクが凄くて食えね〜んじゃないの?って思いました(^_^;)

信濃路 宝天麺の具信濃路 宝天麺の麺
 でも、これがまたいいんですよ。
 トマトの酸味とニンニクの風味、シャキシャキの小松菜みたいな野菜(しろ菜っていう京野菜らしいです。)とセロリがいい味出していますよ。
 豚肉も少し入っているみたいでコクがあっていいですなぁ。
 へ〜、見た目はあれでしたけど、食べてみると意外とバランスが良くてうめ〜なこりゃ♪(^_^)
 麺は茹で加減硬めの結構細い麺で不思議とこのスープに合っているような気がしました。
 今でこそ、トマトラーメンのお店をよく見かけるようになりましたけど、これはただ単にパスタでも合うような安直な食い物とは違い、これこそ「イタリアンと中華(和)の融合」だな〜って思いました。

信濃路 宝天麺の丼 食べ進むとにっこりトマトちゃんが顔を出して、可愛いですねぇ♪
 名前の由来は「天から授かった宝(トマト)」で作った麺だかららしいですよ。
 最近の凝ったトマト的なイタリアンラーメンでは無く、純粋にラーメンとして美味しかったので満足してお店を後にしました♪(^_^)

宝天麺(並)840円
他メニューはこちら

住  所   大阪市西区靱本町3-7-1
電話番号  06-6441-9751
営業時間  11時半〜13時20分 17時半〜21時 日曜・第3月曜休
点  数   ★★★★

2008年10月22日

麺みやざわ@北新地

麺みやざわ 外観 出張で大阪へ。
 大阪全日空ホテルに宿泊だったんですけど、事前に調べてみると至近距離に気になるお店を発見。
 料理の鉄人に出演したこともある「避風塘みやざわ」という高級中華料理屋の店主さんが麺メニューメインのお店として2007年にこちらを開店させたらしいです。
 二人で来店し、お酒も飲めるみたいなのでラーメンは最後って事でまずは黒板に書いてある「小菜」を注文してみました。

麺みやざわ 蒸し鶏(ネギ・生姜だれ)麺みやざわ ピータンと寄せ豆腐
 まずは「蒸し鶏(ネギ・生姜だれ)」でビールで乾杯♪
 おぉぉ、鶏がめちゃめちゃ柔らかくてうめ〜なこりゃ!刻みネギと生姜の塩ダレがマッチしていてお薦めです。
 「ピータンと寄せ豆腐」は、ピータンとシャキシャキのネギ、そしてホロっと崩れてしまう豆腐がたまらんです。
 ピータンを食べるとビールが甘く感じて美味いんですよねぇ。

麺みやざわ レタスの湯引き麺みやざわ 黄ニラ入り春巻
 ドンドン行きます♪
 続いては「レタスの湯引き」が目の前に。
 これもどぉってことない無いように思いますけど、しっとりとした中にシャキっと感を残したレタスがこれまたいいなぁ。タレが美味いんだろうねぇこれ。
 「黄ニラ入り春巻」はこちらも黄ニラのしゃっきりした感じと皮のパリッとした歯ごたえがいいコンビネーションです。

麺みやざわ 手羽先の唐揚げ麺みやざわ ハモのチャーシュー風照り焼き
 芋焼酎に切り替えてこちらも注文!w
 いや、量が少ないからどんどん行けるんですよ。
 しかも値段が300円〜600円とリーズナブルなんで全メニュー制覇の勢いでした。(爆)
 「手羽先の唐揚げ」は甘辛い独特の風味がなかなか。下に敷かれているカレー風味のキャベツと一緒に頂くとこれまた違った味わいになって面白いなぁ。
 そして最後に「ハモのチャーシュー風照り焼き」です。
 ハモは湯引きや鍋でしか食べたことが無いですけどこれははじめての味わい。外側はカリッとしていて中身がムニっとしているというか・・・。なんて言ったらいいんだろう。(^_^;)
 ハモだと言われないとわからない感じが面白いですねぇ。

麺みやざわ 上湯チャーシューラーメン麺みやざわ 上湯チャーシューラーメンのチャーシュー
 あ〜食った食った!
 あ、メインを忘れてた。w
 「避風塘みやざわ」で〆の麺料理で出されている上湯チャーシューラーメンを注文。
 ノーマルだと2000円もするので、庶民はハーフ(1000円)でお願いしました。
 楕円形の器に綺麗に盛られて目の前に。
 スープはとてもあっさりとした上品な味わいで、だからと言ってコクが無い訳ではなく美味しいです。
 上湯(シャンタン)スープとは鶏がらや金華ハムなど高価な具材を煮込んだスープの事で結構手間ひまかかっているらしいです。
 ほ〜、奥が深いねぇ。
 チャーシューは外側がパリッと焼かれている中華叉焼で、噛み締めると肉の美味さを感じられるもの。

麺みやざわ 上湯チャーシューラーメンの麺 そしてそちらに合わさる麺がそうめんの様なしなやかな極細麺で、このタイプは名古屋の錦にある、「鴨らーめん竹亭」を思い出しました。
 あっさり奥深いスープは飲んだ後だったので結構気に入りました。
 こちらのお店はラーメンだけではなく、小菜の美味しさを是非味わって頂きたいですねぇ。
 ラーメンだけじゃもったいないって感じでした♪(^_^)
 あ、餃子頼むの忘れた!(爆)

メニューはこちらこちら

住  所   大阪市北区堂島1-4-8 広ビルB1
電話番号  06-6454-0778
営業時間  18時〜翌4時(ランチもやっているみたいです) 日祝日休
点  数   ★★★★

2007年04月12日

おちゃらん屋@大阪駅

おちゃらん屋 外観 今回は大阪出張だったので、駅近のこちらに来てみました。
JR大阪駅南口に直結している仮駅舎のフロートコート内にありまして、この場所では大阪駅周辺の工事が終わる2011年までの仮営業みたいです。
名前が変てこりんですけどメニューの裏に説明がありました。読んでもよくわかりませんねぇ(笑)
 このお店の売りらしい「天塩(てしお)ラーメン」を注文してみました。バラとモモのチャーシューが選べるらしく、店員のねぇちゃんが「チャーシューはこってりとあっさり、どちらが宜しいですかぁ?」と聞いて来るので「こってり(バラ)」で注文してみました。普通はスープを聞くけどチャーシューのあっさり、こってりって聞くのは珍しいよね。(^_^;)

おちゃらん屋 天塩らーめん 程無くして天塩ラーメンが目の前に。
 スープは豚骨塩ラーメンで、メニューには「イタリアのシシリー島岩塩」の塩を使っているらしいです。まぁ、なんでもいいから美味いもん食わせてけろ。(爆)
 スープの上には「たまゆ」と言う香油が浮かんでおり、これを混ぜないように一口。
 かなり、あっさりしていて食べていくにつれて塩の旨味がついてくる感じでしょうか。香油を混ぜてみると、マー油のようなニンニクの香ばしさがあっさりスープにパンチを利かしてくれます。

おちゃらん屋 天塩らーめんの麺おちゃらん屋 こってりバラチャーシュー
 麺は加水率高めの中太ストレート麺で、個人的にはあまり好きなタイプではありません。食感は悪く無いんだけど、なんかスープに絡んで無いんだよねぇ。
 まぁこれは好き嫌いの問題かなぁ。
 具のこってりバラ巻きチャーシュー(笑)は柔らかく、炙ってあるのか香ばしくてなかなか美味しく頂けました♪

 色々頑張ってはいるようですけど店構え的にチェーン店みたいですし、なんでもありのオールメニューなので、まぁこんなもんでしょうなぁ。
 時間の無い方にはいいかもです・・・。(^_^;)

天塩らーめん600円 他メニューはこちら

住  所   大阪市北区梅田3-1-1 フロートコートJR大阪駅
電話番号  06-6341-9056
営業時間  11時〜翌0時(L.O 23時半) 無休
点  数   ★★★

2007年02月05日

らーめん屋 上方段七@新大阪駅

らーめん屋 上方段七 外観 出張で大阪に来たのはいいんですけど時間が無いので新大阪駅のこちらへ。
 前回、こちらのつけ麺を食べて独特な麺の食感が悪くなかったので再訪です。
 つ〜か、新大阪駅近辺で時間が無い時にサクッと食べられる所って、新幹線構内の「驛麺通り」とココ以外でどこかないでしょうか?
 いつも困ってしまいます・・・。(^_^;)


らーめん屋 上方段七 海老塩らーめん屋 上方段七 海老塩の海老ワンタン
 てことで今回はつけ麺以外のラーメンを食べたかったので「海老塩」を注文してみました。
 一口スープを頂くと、かなりあっさり系で物足りない感じが最初はあります。海老の香油を入れているらしいですけど、あまり海老風味も感じられなくてちょっと肩透かしでした。後半、舌が慣れてきてまぁ食えるようにはなりましたけど個人的には物足りないですな。
 具にはシャキシャキのネギとチャーシュー、メンマ、海老ワンタン、そして揚げネギがトッピングされていました。
 チャーシュは香ばしい感じでなかなか美味しかったかな。海老ワンタンは小振りの海老が中に入っていてまぁ普通でした。

らーめん屋 上方段七 海老塩の麺 麺は加水率高めのチュルチュル系で、このあっさりなスープとは絡みがいまいち悪いような気がしました。
 もうちょいスープに海老を前面に出した感じにしたらおもしろいんじゃないかなぁなんて思ったんですけどどうなのこれ?値段も高いような気がしました。
 やっぱ、つけ麺にしておけばよかった・・・。(^_^;)
 気になったのが若い店員さんの私語が非常に多かった事。遊びじゃねぇんだから、もうちょい小さい声で喋れないのかな?(笑)

海老塩800円 他メニューはこちら

※当ブログの他の上方段七の記事はこちら
http://amasan.livedoor.biz/archives/50412819.html

住  所   大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1
電話番号  06-6304-6623
営業時間  11時〜21時半 無休
点  数   ★★

2006年12月09日

博多らーめん がんがら堂@新大阪駅

がんがら堂 外観がんがら堂 店内
 大阪市内でドロドロラーメンを食べた後、新大阪駅で新幹線に乗るまで時間があったので驛麺通りのこちらに期待もせずに(笑)寄ってみました。
 以前、「新大阪驛麺通り」の3軒中、「札幌ラーメンほくと亭」と「尾道ラーメンさいごく路」の2店は食べたことがあるので、時間はかかりましたが今回でコンプリート達成です。(爆)

がんがら堂 ラーメン メニューもあまり見ず「ラーメン下さい」ってことで2、3分位で目の前に。
 スープは牛乳ラーメンみたいに白く胡麻が散りばめられており、味は控えめ、コクも控えめ、(爆)旨みも控えめって感じで物足りませんでした。 まぁ、「無鉄砲」で強烈なラーメンを食べた後だったので余計にそう思ったのかもしれませんよね。(^_^;)

がんがら堂 麺 麺は加水率低目のボソッとしたタイプで、まぁこれは一般的な博多風の麺なので悪くないです。
 具にはネギ、キクラゲ、チャーシューとシンプルで、チャーシューは柔らかくて結構美味しく頂けました。

 後から気がついたんですけど、メニューを見ると「ラーメン(こくうま)」ってのがあったのでこっちにしておけば良かったなぁなんて思いました。
 一風堂の赤と白みたいな感じでしょうか。今回の「ラーメン(ふつう)」はちょっと物足りなかったで〜す。
 ちなみにここの3軒は店内で繋がっているんですけど、店員さんに「出前じゃないですけど隣の店舗のラーメンもこちらで食べることは出来るのですか?」と聞いた所「それはできません」と言われました・・・。(^_^;)

ラーメン(ふつう)630円 他メニューはこちら

現在は和歌山ラーメンも提供しています。
※和歌山ラーメンがんがら堂のコメントはこちら
http://amasan.livedoor.biz/archives/51455155.html

住  所   大阪市淀川区西中島5-16-1 新幹線改札内
電話番号  06-4806-7206
営業時間  10時〜21時半(L.O21時) 無休
点  数   ★★☆