2012年11月08日

666【閉店】@駒沢

666 外観 666と書いて「ろくろくろく」と呼ぶこちら。
 長野の凌駕グループが東京初進出店として2012年7月にオープン。
 早くもラーメン雑誌に取り上げられており、ラ仲間の評判も上々とのことで来てみました。
 凌駕といっても大岡山の店とは関係無いので悪しからず。
 田園都市線とか久々に乗ったなぁ。通学でよく乗ったもんです。
 昔は二子玉までは新玉川線て呼んでいたんだけどなぁ・・・。w(^_^;)
 てことで、こちらは駒沢大学駅から246を桜新町方面に7,8分位歩くと銀色の「666」の看板が見えてきます。
 桜新町駅からも同じ位の距離がありますので、神奈川方面から行かれる方は桜新町駅からの方がいいかと思います。
 店内はカウンターバーのようなお洒落な作り。
 この日はラ友のjunさんとご一緒したので、「コンデンス煮干つけ麺」と「煮干醤油ラーメン」をシェアしてみました。

666 コンデンス煮干つけ麺666 コンデンス煮干つけ麺のつけ汁
 まずはコンデンス煮干つけ麺から。
 このつけ汁が今まで食べた中で1番じゃないかという位にドロンドロンの粘度でま〜凄い!
 つけ汁というかこれはルーですよル〜!
 なんでも鯖煮干の味噌漬けを砕いたものを豚骨スープに合わせているらしいです。
 お味は煮干しガッツリで美味しいのですが、さすがにこれを一杯まるまる食えと言われたらおっさんにはちょいと重過ぎますわ。w

666 コンデンス煮干つけ麺の具666 コンデンス煮干つけ麺の麺
 途中でポットに入った割りスープを持って来てくれるので、あまりにも凄すぎる方は途中でこちらを入れて薄めてみるといいと思います。
 具には大判のチャーシューや大き目に刻まれた玉ねぎ、メンマなどで、圧倒的粘度に玉ねぎの風味もよくわかりませんでしたが、スープ割後の方が玉ねぎの風味が増して来ていい感じになってきました。
 麺は硬めに締められたゴワっとした太麺で、つけ汁に浸すというよりかは麺にルーを絡めてワシワシと喰らう感じ。
 まじで凄いっすよこれ。w

666 煮干醤油ラーメン666 煮干醤油ラーメンの麺
 そして、煮干醤油ラーメンはつけ麺とはガラリと変わって鶏ガラと煮干をきかせた正統派。
 元ダレがキリッときいたタイプで、全粒粉を使った中細のすすり易さ抜群の麺との相性がまるでお蕎麦をいただいているようですが、美味しいですよ。
 和のテイストがなんとなく「魚雷@春日」を思い出しました。

666 煮干醤油ラーメンの具 チャーシューは低温調理されたレアタイプのそれと鶏チャーシューの2種類が入っておりなかなかの美味しさです。
 この煮干しスープをチェイサーに前述のつけ麺を食べたら美味しかったなぁ。ww
 コンデンスなんちゃらはあまりにも好みが分かれるタイプなので、お一人で行かれる方はまず正統派のラーメン類から食べた方がいいかもしれませんねぇ。
 他にも塩ラーメンやガッツリ系メニューもあるので、複数人で色々楽しむのもいいかと思いました。
 つけ麺とラーメンとのギャップが凄かったですけどかなり楽しめたのは確か。
 ご馳走様でした〜♪

コンデンス煮干つけ麺800円
煮干醤油ラーメン750円 他メニューはこちら

住  所  世田谷区駒沢4-19-11
電話番号  03-3411-3666
営業時間  火〜土11時半〜15時 18時〜翌1時
        日曜日11時半〜15時 月曜休
点  数  ★★★★

666 ( 駒沢大学 / 塩ラーメン )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ

666ラーメン / 駒沢大学駅桜新町駅
夜総合点★★★★ 4.0



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 九州男児   2012年11月09日 01:19
豚骨ラーメンに飽き飽きしてたのが、良く分かります。
2. Posted by あま   2012年11月09日 01:25
まぁそう言わず、たまに帰った時はいいじゃないっすか〜〜。(^_^;)

てか、このコンデンスなんちゃらは凄い食い物でしたよ。(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔