2012年03月02日

餃子会館@佐賀県武雄市武雄町

餃子会館 外観餃子会館 厨房
 博多駅で朝ラーをサクッと食べた後は特急みどりで武雄温泉駅へGO!
 昼飯は武雄の老舗、餃子会館へ。
 て言っても朝ラーから1時間半位しか経ってないんですけどね。w
 かみさんの実家があるので今まで何度も来ていますが、なぜか地元の皆さんが行きたがらないので(笑)10年振り以上の来店になりました。
 店内は赤い帽子にエプロン姿のおばちゃん達が切り盛りをしていて、なんだか見ていてかわいかねぇ♪
 とりあえず、もしもしラーメンと餃子、そしてラーメンに150円増しというリーズナブルな価格設定のとんかつラーメン(650円)てのも注文してみました。
 10分以上待ちましたが誰も文句を言う人がいないゆっくりとした時間が流れています。

餃子会館 もしもしラーメン餃子会館 もしもしラーメンの具
 まずはもしもしラーメンから。
 なんでもしもしラーメンかといいますと、昔こちらのすぐそばに電電公社(現NTT)があったことから、通称でもしもしラーメンと言われ、そのままメニュー名にしたなんて歴史があるみたいです。
 どんぶりにも書いてありますもんねぇ。
 スープは鼻に抜けるラードだかなんだかわかりませんがそんな香りが懐かしく、あっさりながらも豚くささが結構出ていて決してシャバシャバな感じではありません。
 味濃いめのしょっぱいスープも健在で、前回もHPで同じような事を書いていますので、味濃いめがデフォなんでしょうねぇ。

餃子会館 とんかつラーメン餃子会館 とんかつラーメンの具
 そしてそのラーメンにとんかつが乗ったこちらは、トンカツと言うか、紙カツという位の薄い豚肉を揚げた物が鎮座しており、ラーメンにたった150円増しという意味がわかりました。
 でもね、このペラッペラのカツが悪くないのよ。
 変なボリュームが無く、さっくりとした衣をスープに浸して食べるとこれがいいじゃないの。

餃子会館 とんかつラーメンの麺 そちらに併せる麺はラーメンと共通の中麺で、カタメンスキーさんには耐えられないずんずる柔麺なんです。
 でもさぁ、たまにはスープを吸った味のある麺もいいじゃないの。
 かた麺だけが麺じゃ無いと思うんだよねぇ。
 このしょっぱ目の塩気強めなスープとの相性は悪くなかったと思うなぁ。
 てか、おいらはストライクゾーンが広すぎなんかねぇ?爆
 まぁそこら辺はラーメン愛が強すぎるってことで宜しくです。(^_^;)

餃子会館 餃子餃子会館 餃子アップ
 そして、俵型の餃子がこちら。
 関東周辺ではホワイト餃子なんて呼ばれているこの餃子は、焼くというよりかは揚げてある感じで外側の皮がカリッと美味しく火傷必至の熱々具合がいいんだよなぁ。
 一口いってみると、関東で食べるホワイト餃子よりも野菜の割合が多いのか、なんとなくあっさりした感じですが、久々のホワイト餃子を堪能いたしました。
 かみさんとシェアだったのにほとんど喰わないもんだから、も〜お腹いっぱいだわ。
 ちなみにかみさんは中学生の頃(20数年前)によく来ていたらしく、それ以来振りだったらしい。
 でも、「もう40年食べんでよか。」って言ってました。爆
 そんなにだめだったか?おいらは意外と楽しめたんだけどなぁ・・・。(^_^;)
 ご馳走様でした〜♪ 

もしもしラーメン500円 とんかつラーメン650円
焼餃子400円 他メニューはこちら

住  所  佐賀県武雄市武雄町大字昭和3-4
電話番号  0954-22-3472
営業時間  11時〜21時 木曜休(祝日の場合は翌日休)
点  数  ★★★
餃子会館ラーメン / 武雄温泉駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔