2006年05月08日

やまと屋@佐賀県武雄市

やまと屋 外観

 こちらの店主は佐賀市内の「ららら」で修行されていまして、2005年4月にこの地にオープンしました。白基調のお洒落な店内はカウンターとテーブル、そして奥には座敷もありますので家族連れの方もOKです。



やまと屋 ラーメン スープは甘めな味を最初に感じまして、豚骨の臭みが少なく非常に食べやすいマイルドな味でどちらかというと女性向きな感じがしました。佐賀ラーメンでは全然無いですけど、元ダレが前に出ている今風の味は武雄には今まであまり無いタイプなのでそこそこお客さんは入っているそうです。

やまと屋 麺 麺は硬めの細麺でした。夜は居酒屋さんも兼ねているそうで、夜のおつまみメニューを見てみるとめちゃくちゃ値段が安かったです。今度帰ったときに夜行ってみよ〜っと♪(^-^)


ラーメン 550円  他各種 昼のメニューはこちら

※あまおじさんのらーめん紀行の「やまと屋」のコメントはこちら

住  所   武雄市武雄町大字富岡11509-5
電話番号  0954−22−8021
営業時間  11時〜14時半・17時〜22時半
        土日祝11時〜22時半
点  数   ★★★

2006年05月07日

珍竜軒 本店@北九州市小倉北区

珍竜軒 本店 外観 こちらはなかなかの人気店らしく、6,7人並んでおりました。
 並んでいると注文を取りに来ました。
 メニューはラーメンと大盛りとおにぎりのみです。
 ニンニクを入れるか聞かれたので、無理言って別皿で注文してみました。


珍竜軒 本店 ラーメン 出てきたラーメンと別皿のニンニク(元ダレがかかっています)ですが、ニンニクの量が半端じゃないです!
 こんなに最初から入れたら凄いんじゃないかなぁ?そしてスープの色は真っ白です。
 まずはそのままノーマルのスープをすすると、マイルド&クリーミーで豚骨の臭みが非常に抑えられていて食べやすいんですが少々私には物足りません。
 東京辺りで食べたことがある、豚骨が苦手な方にでも食べれるインパクトが無いラーメンを思い出しました。(^_^;)
 てことなんで、ニンニクを少しずつ入れていくと味がガラッとワイルドに変化してこちらの方が好きかな。

珍竜軒 本店 麺珍竜軒 本店 赤辛子
 麺は細麺で結構コシがあり茹で加減は最初から硬麺でした。
 同行した方が硬麺で頼んでいたのですが硬すぎて食べるのが大変だったそうです。(笑)
 具はネギ、モヤシ、メンマ、そしてちょっと切り置き臭がして×だったチャーシューでした。目の前に赤辛子の食べ方みたいのがあったので後半に入れてみましたが、また違った味を楽しめてなかなかよかったです。
 東京でこのラーメンが580円だったら凄く安い方なんですけど、地元の方曰く「高い!!」とのことでした。
 さすが値段にはシビアだよねぇこっちの人♪(^_^;)

ラーメン580円 大盛ラーメン740円 おにぎり210円

※あまおじさんのらーめん紀行♪の「珍竜軒 本店」のコメントはこちら

住  所  福岡県北九州市小倉北区三郎丸1-5-5
電話番号  093−962−8720
営業時間  11時〜19時半(スープが終わり次第終了)
定 休 日  火曜日(祝日の場合は金曜)
点  数  ★★★

2006年05月06日

来々軒@北九州市小倉北区宇佐町

来々軒@宇佐町 外観 こちらの先代が(当時の屋号は「三九」)偶然の失敗から九州の白濁スープが出来、今の九州の豚骨ラーメンの基礎を築き上げたという凄い歴史ある方のお店です。
 店内に入ると豚骨臭がブワ〜っと匂いましてすんごいです!


来々軒@宇佐町 ラーメン 出てきたラーメンは豚骨の旨みがギュッと詰まった毎日でも食べれるあっさり系で、とても美味しいです♪優しい味だけどいい味だしてるねぇこれ!同行した方にお聞きするとブレがあるらしく、今回は今までで一番美味しかったとのことでした。ラッキ〜。(^_^)v

来々軒@宇佐町 麺 麺は中細麺で茹で加減も緩いことはなく美味しく頂けました。後半に南蛮辛みそを少し入れてみたところこちらもピリリと辛くてコクが増してなかなかいけました。具には海苔、ネギ、チャーシュー、キクラゲ、もやしが乗っており、450円という値段を考えるとかなりお徳です。いやぁ美味かった!(^-^)

ラーメン 450円  他

※あまおじさんのらーめん紀行の「来々軒@宇佐町」のコメントはこちら

住  所   福岡県北九州市小倉北区宇佐町1-5-14
電話番号  093−551−0293
営業時間  11時半〜23時半 第2・4土曜日休
点  数   ★★★★

2006年05月05日

麺8−34(閉店後移転)@北九州市小倉北区

麺8−34 正油ラーメン麺8−34 塩ラーメン






 こちらの店名の由来は「化学調味料を使わない体に優しいラーメンを作りたい」というコンセプトの元に「麺やさしい」にかけて「麺8−34」になったみたいです。メニューを見るとダシの秘密が書いてありまして、動物系スープと和風ダシ、そして香味野菜などが入っているらしいです。
 出てきたラーメンはあっさりしていますが、とても風味がよく、結構美味しいです。塩ラーメンの方がダシの美味さを楽しめて好みでした。麺は中太の縮れ麺ですすりやすさが良くこのラーメンには合っていると思います。

麺8−34 味玉子
 具には柔らかいチャーシューやメンマ、そしてトロトロの玉子などでいい仕事をしておりました。このラーメンを600円で提供しているのはたいしたもんだと思いました。


 地元の方曰く、店舗がビルの2階にあり立地が悪すぎるのか、いつもお客さんが少ないらしいです。(^_^;)

塩ラーメン 600円 醤油ラーメン 600円  他

※あまおじさんのらーめん紀行♪の「麺8−34」のコメントはこちら

※小倉北区室町2−11−5に2007年8月から再開されているそうです!

住  所   福岡県北九州市小倉北区魚町3-2-4
電話番号  093−521−5034
営業時間  11時半〜19時半 木曜休
点  数   ★★★☆


2006年05月04日

ぎょらん亭 本店@北九州市小倉北区

ぎょらん亭 本店 外観 今回は同行していただいた方のリクエストでこちらの醤油ラーメンを食べてほしいとのことで入店、以前閉店直後に行って食べられなかった経験があります。メニューを見ると、豚骨ラーメンに十割や二八(にはち)があったりと面白いです。

ぎょらん亭 本店 地鶏醤油ラーメン 地鶏醤油ラーメンは、醤油の味付けが私には少々甘すぎでしたが、はっきりとした濃い味はこちらの人にうける、良く出来たラーメンだなぁと思いました。麺は中太の縮れ麺でややスープに負けている感はありますが、いいのではないでしょうか。後半に「ゆず香」を振り掛けるとすっきりとした味わいになり美味しく頂けました。具には温泉玉子みたいなトロ玉が入っており、同行の方が「麺を食べた後にご飯をぶっこんでおじや風にしたら美味くなるような気がする」と言ってまして、私も同感だなぁと感じました。

ぎょらん亭 本店 二八(鶏2・豚8) 一方、二八(にはち)の方は、鶏が2の豚が8の割合でスープに溶け込んでおりまして、鶏のまろやかな甘さがシャープな豚骨を和らげてくれて、優しい味わいを醸し出しておりました。チャーシューが柔らかくて美味しかったです♪ 今度は十割いってみようかな。(^-^)

ラーメン 500円  地鶏醤油ラーメン 600円  他

※あまおじさんのらーめん紀行♪の「ぎょらん亭」のコメントはこちら

住  所   福岡県北九州市小倉北区三郎丸3-6-29
電話番号  093−922−4778
営業時間  11時半〜スープ切れまで 月曜日・第3火曜日休
点  数   ★★★☆