2006年01月14日

菊地原真【閉店】@鍛冶町

菊地原真 外観 こちらの店名は「キクチハラ マコト」と読みまして店主さんの名前らしいです。マツモトキヨシみたいなもんです。(爆)
 余談ですが「スズキヤスオ」っていうラーメン屋さんが世田谷区にありまして結構有名だったりするんですけど、実は彼とは高校の同級生だったりします。(笑)
 店外の食券機でラーメン(白)とチャーシュー増しの券を買い店内へ。
 2階もあるみたいですが1階はカウンターのみで5人位しか座れません。

菊地原真 ラーメン(白)+チャーシュー増し菊地原真 麺
 スープは豚骨を16時間煮込んであるらしいです。その割りに臭みは無く結構あっさりして少しクリーミーです。
 別に薄っぺらいスープではなくてしっかりとダシを取っている感じがしました。
 塩味のエッジが利いていてスキッと飲める感じで意外に美味いかもしれません。
 味が足りない方はテーブルにある胡麻や辛し高菜などをトッピングすればいいでしょう。
 麺は極細ストレートで茹で加減は硬めでした。

菊地原真 炙りチャーシュー菊地原真 丼
 具はネギ、キクラゲ、そして実際に少し炙っていた柔らかいチャーシューです。このチャーシューが香ばしくて結構美味かったです。
 スープを飲み干すと丼から文字が!「柳」って書いてあってそのロゴまわりに九州、YANAGI-YA、大牟田、RAMENとか書いてあります。
 調べてみると用賀にある柳屋という大牟田ラーメンを謳っているお店の関連店らしいです。(柳屋の本店は福岡県三池郡高田町に今でもあるらしい)でも、このラーメンは大牟田ラーメンじゃねぇだろう?大体本店も大牟田市に無いじゃん・・・。(爆)大牟田では食ったこと無いですけどこんなに麺は細くないはずなんだけどなぁ。
 ていうか、店主のキクチハラさんて、一瞬脚本家の「ミタニコウキ(三谷幸喜)」に似てねぇ?って思った。(爆)
 んで、ラーメン黒っつ〜のはマー油かなんかが入ったニンニクが利いてるラーメンかな。多分。

菊地原真 高田町「柳屋」のラーメン ※大牟田在住のらーめん仲間「いなちゃん」から貴重な福岡県三池郡高田町にある「柳屋」の画像を提供して頂きました!どうもありがとうございます!
 つ〜か比べると全然違うじゃないの・・。(爆)

ラーメン(白)600円 ラーメン(黒)650円
チャーシュー増し200円 替え玉150円 他

※あまおじさんのらーめん紀行♪のコメントはこちら

住  所   東京都千代田区鍛冶町2-10-8
電話番号  03−7253−1311
営業時間  平日11時〜20時半(金曜は22時半)
        土曜11時〜18時 日曜休
点  数   ★★★☆

2006年01月13日

きなり屋【閉店】@神田小川町

きなり屋 外観
 こちらのお店は「天下一」(天下一品では無い)のチェーン店で、店舗毎に名前を変えてリニューアルオープンさせた所です。銀座の影丸や梟などのお店と同系列です。客入りはまずまずです。

 焦がししょう油ラーメンなどが有名みたいですけど、味噌が美味いとの情報をもらったので味噌ラーメンをチョイス。

きなり屋 味噌らーめん 店内で食券を買い待つこと数分。出てきたラーメンの表面には結構油が浮いていてこってりしているほうです。
 味噌の味もしっかりしていて普通に美味いです。どこかで食べたことある味だなぁ、なんて思いながら食べていたんですけど、これって「すみれ」のカップラーメンをマイルドにした感じに似てねぇ?って思いました。(笑)

きなり屋 味噌らーめんの麺 麺は縮れの中麺でこれまた普通に美味しいです。このスープをご飯に掛けたら美味いんじゃないかなぁなんて思って、後半に半ライス(ランチ時無料)にぶっ掛けて猫マンマみたいにして食べたらすっごい美味しかったっす♪(^_^;)


 インパクトは無いですけどサラリーマン御用達みたいな無難に美味しいラーメン屋さんでした。

味噌ラーメン650円 他各種有り

※当ブログの他のきなり屋のコメント
http://amasan.livedoor.biz/archives/51312692.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50468775.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50191247.html
※あまおじさんのらーめん紀行♪のコメントはこちら

住  所   東京都千代田区神田小川町1-6-2
電話番号  03−5295−0848
営業時間  11時〜23時半 無休
点  数   ★★★

2006年01月12日

九段斑鳩@九段北

斑鳩 外観 こちらは行列必至のお店で有名な斑鳩(いかるが)でございます。
 17時過ぎにお店の近くにいたので、ネットで夕方の開店時間をチェックすると18時。どうしよう。
 場所だけチェックしようかと思って店の前まで行くとな、なんとやってる!しかも並んでないし。
 2005年の年末から営業時間が変わったらしく夜の部は17時からになったそうです。ラッキ〜♪(^-^)

斑鳩 煮玉子らー麺 てことで、煮玉子らー麺の食券を買い着席。程なくして来ました来ました。
 スープは濁っているタイプでマイルドな豚骨と魚介系のダブルスープです。
 丁寧にダシを取ってるなぁって感じがしました。
 ネットの情報ですとスープがぬるいなんて聞いていまして、どうかなぁなんて思ったんですけど今日は行列も無く私だけに作ってくれたので全然ぬるくなかったですよん。
 んで、貧乏舌なんであれですけど、つじ田のスープをマイルドにした感じかなぁ。
 よぉわからんが美味いもんは美味い。(笑)

斑鳩 麺 麺はちぢれの中麺でスープに絡んでこれまたいいですねぇ。
 チャーシューも柔らか過ぎず美味い。
 煮玉子はトロトロ系では無いですけどこれもいいっすねぇ。
 店員さんのホスピタリティーあふれる接客&笑顔も調味料になってるのかな。
 これって大切だよね。満足な一杯でした♪(^_^)v

煮玉子らー麺750円 特製らー麺880円 他各種

※当ブログの他の斑鳩のコメントはこちら
http://amasan.livedoor.biz/archives/50723888.html
※あまおじさんのらーめん紀行♪のコメントはこちら

住  所   東京都千代田区九段北1-9-12
電話番号  03−3239−2622
営業時間  月〜金11時〜15時・17時〜23時
        土曜祝日11時〜16時半・18時〜22時
        夜の部はスープ切れ次第終了 日曜休
点  数   ★★★★

2006年01月11日

刀削麺荘 小川町店(店名変更)@神田小川町

刀削麺荘 小川町店 麻辣麺 こちらのお店は中国山西省の郷土料理で、テレビで見たことがあるかたも多いと思いますけど鍋の前で練った小麦粉の塊を包丁で削ぎ落としながら鍋に入れていくあの麺料理です。
(なんだかさっぱりわからない方は↓の「公式HP」をクリックして参照してみてください。)
 これはラーメンでは無いような気がするんですけど意外に美味しかったのでご紹介します。

刀削麺荘 小川町店 唐辛子 麻辣麺(マーラーメン)を注文してみました。
 唐辛子と山椒が利いた結構辛いスープに肉のそぼろがたくさん入っておりこちらを良く混ぜて食べると辛いけど美味いです。
 私は大丈夫でしたがパクチー(香草)が入っているので少しでもダメな方は抜きで注文したほうがいいでしょう。
 癖のある味なのでダメな人には全然食べれないかもしれません。
 私は辛さの中に山椒のビリビリ感や程よい酸味などが非常に楽しめました。

刀削麺荘 小川町店 麺 麺は前述の刀削麺で、太さがまちまちの幅広ビロビロ麺で食べる前はもっと「ほうとう」みたいなもっさりした感じかと思っていたのですが意外にスルスルと、そして程よいモチモチ感があり美味しく麺も食べられました。
 辛いのが苦手な私が汗をカキカキ、スープをほぼ完食しちゃいました。

しびれる辛さのマーラー麺(麻辣麺)680円 他定食など各種有り。
(ランチメニューの値段)

公式HPはこちら

※「西安〜XI'AN〜」に店名変更になりました。
http://amasan.livedoor.biz/archives/51090056.html

※当ブログの他の刀削麺荘のコメント
http://amasan.livedoor.biz/archives/50516102.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50274330.html

※あまおじさんのらーめん紀行♪のコメントはこちら

住  所   東京都千代田区神田小川町1-10-3
電話番号  03−5296−0030
営業時間  11時半〜14時 17時半〜22時 日祝日休
点  数   ★★★☆

2006年01月10日

博多麺房 赤のれん 丸の内店@丸の内)

博多麺房 赤のれん 丸の内店 外観 こちらのお店は博多の名店「赤のれん」(現在は無い)から親族以外で暖簾分けをさせてもらった唯一のお店で、本店は西麻布に1978年からある老舗でございます。博多ラーメンを東京にはじめて持ち込んだお店らしいですわ。そして2002年9月に丸ビルに丸の内店をオープンさせたそうです。で、ややこしいですけどこちらの暖簾分けの都内でチェーン展開しているお店が「福のれん」です。
 ラーメンが750円、チャーシューメンが1000円と、ショバ代が高いのでしょうがないですけど九州のかたならテーブルをひっくり返す位強気な値段設定です。(爆)11時から15時まではラーメンに高菜ごはん(150円増しで明太子ごはんに変更可)と自家製水餃子、そして「自家製牛乳かんアマレットがけ」という長ったらしい名前の一口デザートがついた「博多らぁめんセット」というのが1000円で食べれるのでそちらを注文してみました。これを単品で全部頼むととんでもない値段になります。(*_*)

博多麺房 赤のれん 丸の内店 博多らぁめんセット
 さて、ラーメンはなかなかコクがあり美味しいですが、丸の内OLさんたちの舌にあわせたのかちょっとあっさりしています。



博多麺房 赤のれん 丸の内店 麺 麺は赤のれん独特の平打ちの細麺で普通に美味しいです。セットの高菜ごはんはあまり辛くない美味しい高菜がごはんにマッチしていて大変美味しいです。連れは「高菜ごはんは100点ね」と言っていました。(笑)そして水餃子はスープに入っているタイプではなくてピリ辛のタレがかかっていてこちらも美味しいです。デザートの牛乳かんは杏仁豆腐をねっとりさせた感じの食感でいいんでないの。
 夜は酒を飲みながら色々な一品料理が楽しめるらしいです。

※高すぎるんですけど、味はまぁ良い方なのでおまけで3.5点つ〜ことで。

博多らぁめん750円 博多らぁめんセット1000円
他一品料理お酒など多数あり

※あまおじさんのらーめん紀行♪のコメントはこちら

住  所   東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル6階
電話番号  03−3201−4775
営業時間  平日・土曜日11時〜23時 日曜日11時〜22時 無休
点  数   ★★★☆