2006年09月28日

万豚記 神田駿河台店【閉店】@神田駿河台

万豚記 神田小川町店 外観
 雨が凄いので近くのこちらへ入店。昼時はかなり混んでいますけど13時半を過ぎれば結構ガラガラだったりします。
 前に羊肉麺とかいう、きわもの系を食べたことがありますが普通のラーメンを食べてないなぁってことで今回は叉焼麺(チャーシューメン)を注文してみました。


万豚記 神田小川町店 チャーシューメン万豚記 神田小川町店 叉焼麺の麺
 出てきたチャーシューメンは濃い目の醤油スープに八角などの中華スパイス系のお味で若干こってりしていて意外に美味しいです。でも癖がある味なので中華スパイス系がだめな人はやめておきましょう。(^_^;)
 その上に箸でつかむと崩れる位柔らかいチャーシューとフレーク状にしたチャーシューがどかんと乗っております。 
 この柔らかいチャーシューを麺と絡めて食べると美味しいです。フレーク状なので最後まで麺と絡んでいいですなぁ。
 その麺は歯ごたえがある香港麺ぽい中細麺でスープとの相性はなかなかいいと思いました。
 期待していなかったので余計に美味しく感じたのかもしれませんけど無難にまとめられていますねぇ♪

万豚記 神田小川町店 和肉炸麺 実は前日にもココに来たんですけど、「和肉炸麺」という「豚バラ青菜あんかけかた焼きそば」を食べてみました。
 これが美味いんですよ!パリパリのかた焼きそばの上に味が若干濃い目の豚バラや青菜などの野菜がてんこ盛りで見た目も美味しそうでしょ?
 こちらも結構おすすめです♪

叉焼麺980円 和肉炸麺880円
他ランチメニューはこちら

※当ブログの他の万豚記のコメント
http://amasan.livedoor.biz/archives/50264883.html
※あまおじさんのらーめん紀行♪のコメントはこちら

住  所   東京都千代田区神田駿河台3-7
電話番号  03−3294−6588
営業時間  平日11時半〜23時
        土日祝11時半〜15時・17時〜22時 無休
点  数   ★★★☆

2006年09月27日

とくや@神田駿河台

とくや 外観 今回は職場から近すぎる定点観測のこちらのお店へ♪
 重すぎるでかい扉を開けて店内に入ると、いきなり「ありがとうございます」と来たもんだ。「いや。まだ来たばっかだよ?」と突っ込みを入れたくなりますがいいんです!ココの店主の奥さんは馬鹿丁寧な接客なのです!!
 てことでメニューを見ると、そういえば今まで色々食べているけど、考えてみると普通の正油味のつけめんを食べた事がないなぁなんて思い並盛を注文してみました。

とくや つけめん(並盛) 程無くして目の前につけめんが。
 つけ汁は相変わらず、魚介の優しさがフワ〜っと来るタイプで、とくやの原点はやっぱり正油だねぇって感じで安心して食べられますな♪
 チャーシューが若干甘めで硬めなので好みがわかれることでしょう。

とくや つけめん(並盛)の麺と具 以前、限定メニューの「冷しごまの辛いらうめん」を食べたときにこのつけ麺用の麺を代用しているらしく非常に食べづらかった事があるんですけど、やはりこの麺はつけめんに限りますな。
 適度な歯ごたえとコシ、そしてズルル〜っとすすりやすくてなかなか美味しく頂けました。

また来るぜ〜♪(^_^)v

つけめん(並盛)650円

※当ブログでの他の「とくや」のコメントはこちら
http://amasan.livedoor.biz/archives/51058195.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50943603.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50698530.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50432063.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50320028.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50367960.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50297974.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50175351.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50184201.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50217615.html
http://amasan.livedoor.biz/archives/50314014.html

あまおじさんのラーメン紀行のとくやのコメント

住  所  東京都千代田区神田駿河台3-1-7
電話番号 03−3294−0202
営業時間 11時〜15時・ 17時半〜22時半
         土曜・祝日は11時半〜15時
定 休 日  日曜日
点  数  ★★★☆

2006年09月25日

聘珍樓 横濱本店@横浜中華街

聘珍樓 横濱本店 外観山下公園の氷川丸
 かみさんが山下公園に行きたいなんて言うので、ランチは中華街で飲茶でも食べようかってことでこちらに久々に行ってきました。
 中華街は相変わらずの人出でしたが、14時半頃に行ったので待ち時間は5分ほどですんなり入れました。

聘珍樓 横濱本店 飲茶1聘珍樓 横濱本店 飲茶2
 飲茶のコースなんかもありましたがアラカルトで色々頼み、やはり麺類を食べなきゃだめでしょってことで〆で「チャーシューのせつゆ麺」を頼んでみました。
 値段は若干お高めですがさすがは聘珍樓、上品な味付はどれも満足できましてお腹がいっぱいになってしまいました。(^_^;)

聘珍樓 横濱本店 チャーシューのせつゆ麺聘珍樓 横濱本店 チャーシュー
 こりゃぁ麺なんて食えないよぉなんて思ったんですけど容赦なく目の前に・・・。
 あらま。画像では普通サイズに見えますけどかなり小振りな丼です。これなら〆に丁度いいサイズかも♪
 その小振りな丼の上に分厚いチャーシューがいっぱい乗っています。
 チャーシューの味はちょっと甘めで八角がほのかに香るタイプで歯ごたえがかなりあり、ラーメン屋さんのそれとは全然違います。
 他の具はほうれん草だけとシンプルです。ネギは入っていなかったように思います。
聘珍樓 横濱本店 チャーシューのせつゆ麺の麺 そちらに合わさるスープは鶏ガラベースのあっさりタイプで、私には上品すぎますけど〆にはちょうど良い感じです。
 麺は画像では太麺に見えますけど、丼がちいさいのでそう見えるだけで実際は中細麺位の太さです。この麺が小さい丼に無理やり詰めてある感じで中で絡まっちゃって食べづらいったらありゃしない。

 まぁ麺類はおまけってことで、こちらでは美味しい飲茶を堪能したほうが良さそうですな。(^_^;)
 点数は麺だけってことで・・・。

チャーシューのせつゆ麺840円 他

※公式HPはこちら

住  所   神奈川県横浜市中区山下町149番地
電話番号  045-681-3001
営業時間  11時〜23時(飲茶は10時〜23時) 無休
点  数   ★★★

2006年09月24日

かづ屋@目黒

かづ屋 外観かづ屋 店内
 今日は担々麺な気分♪そうだ、かづ屋にタンタンメンが登場したらしいのでちょっくら行ってみるかってことで久々の入店です。
 何年ぶりだろうと思い自分のHPで確認してみたらかれこれ5年以上来ていませんでした。(^_^;)

かづ屋 タンタンメンと醤肉飯 タンタンメンと、「醤肉飯(ジャンロウハン)200円」なるものを頼んでしばし♪
 まずはタンタンメンですけど、上に乗っている肉味噌を混ぜないように一口スープを頂くと、意外と辛いじゃないの!!どんぶりっ子さんのブログに「辛くない」って書いてあったけどあっしにはそうでもないぞ!!!(笑)(^_^;)まぁあの記事から日も経ってますし、たまたまかもしれませんけどちょっと辛くしたのかもしれませんねぇ♪
 んで、肉味噌を混ぜて食べると、甘めのシフトに変わっていき美味いですな。胡麻の香りも良く食が進みます♪

かづ屋 タンタンメンの麺かづ屋 タンタンメンの具
 麺は意外と太目のストレート中麺で、スープを引っ張り上げてくれていい感じです。
 パクチーが乗っていますけど、私は嫌いじゃないのでそんなに主張していないこれはなかなか合っていると思いました。
 具には前述の肉味噌やパクチー、メンマ、ザーサイ、そしてラッキ〜椎茸!?(笑)がひとつだけ入っていました。
 この椎茸が入っているとラッキーとかそうでないとか・・・。
 あ、冗談です。勝手にそう思っただけです。(^_^;)(爆)

かづ屋 醤肉飯(ジャンロウハン) サイドのジャンロウハンは、かなり小さめのお茶わんサイズで、ご飯の上にタンタンメンの肉味噌が乗っていました。 あらま、同じじゃないの。(#/__)/ドテ(笑)
 甘めの肉味噌とザーサイ、そしてパクチーのハーモニーは、悪くないです♪
 どうせなら普通のラーメンと一緒に頼めば良かったと後悔をしてしまいました。こんなんだったら角煮ごはんにしとけばよかった〜〜!!なんて思ったりして(^_^;)(笑)

 つ〜か値段設定が強気だよね・・・。舌をかみそうな「チャーシューワンタンタンタンメン(笑)」とか1300円だよ!

タンタンメン830円
醤肉飯(ジャンロウハン)200円 他メニューはこちら

※当ブログのかづ屋五反田店のコメントはこちら
http://amasan.livedoor.biz/archives/51367850.html

※公式HPはこちら

住  所   東京都目黒区下目黒3-6-1
電話番号  03−3716−2071
営業時間  11時〜24時 無休
点  数   ★★★☆

2006年09月22日

お茶の水、大勝軒@神田小川町

お茶の水、大勝軒 外観1お茶の水、大勝軒 外観2
 職場から程近いこちらは2006年9月19日にオープンした新店で、場所はお茶の水店ではありますが御茶ノ水駅から歩いたら結構ありすよ。(10分ちょい位かかるかな)小川町駅(新御茶ノ水駅、淡路町駅)から歩いて3分位のところにありましてヴィクトリア本店の靖国通りを挟んでまん前位です。ampmの隣のビルの2階にあります。
 13時半過ぎに店内に入ると、タイミングが良かったのか待ちはほぼ無しで座れましたのでラッキーでした。店を出る時には5人ほど並んでいました。

お茶の水、大勝軒 店内1お茶の水、大勝軒 店内2
 店内は今風のお洒落な内装でカウンター4席とテーブル席に10人位座れるでしょうか。カウンターに座れないと相席必至ですな。(^_^;)
 壁にはお約束の山岸さんとのツーショット写真や色紙、そしてかっぱらってきたのかレプリカなのか知りませんが(笑)東池袋大勝軒の住所表記のオブジェなどが飾られています。

お茶の水、大勝軒 特製もりそば メニューを見ると15時からは「大勝軒クラシックメニュー」という復刻メニューが加わるらしいですけど、時間的に無いので特製もりそばを注文。
 程無くして目の前に来たもりそばは、甘み・酸味が控え目の魚介がほんのり香るスープで万人受けするタイプでしょうねぇ。今風の魚介ガツンに慣れちゃうとちょっとインパクト不足だと思うことでしょう。

お茶の水、大勝軒 特製もりそばの具 そちらにズルズル〜っとすすりやすさが良い麺が合わさります。
 コシがあるとか無いとかではなく、すすりやすさが非常にいいタイプって感じかな。(^_^;)
 具にはネギ、ナルト、メンマ、煮玉子、そしてチャーシューなんですけどボソッとした食感のチャーシューは好みではありませんでした。なぜか具を食べる時の最初の一口に甘みを感じました。なんで?

お茶の水、大勝軒 特製もりそばの麺お茶の水、大勝軒 丼
 一言物申したかったのは、麺の湯きりというか水切りの悪さです。
 食べ進むにつれて水が丼に溜まってきて、食べ終わったら画像右のように結構な量の水が溜まっていました・・・。(-_-;) どこのお店もこんなだったっけ?

 〆にスープ割りをしてもらって飲みましたけど、まぁ普通というか甘みが前に出てきましたねぇ。
 まだ開店して日が経っていないので店員さんがバタバタしておりました。味も含めて落ち着いた頃に今度行ってみようと思います。次はクラシックメニュー狙いかな♪点数は今後の期待を込めてってことで・・・。

特製もりそば 700円 他メニューはこちら

※当ブログの「お茶の水大勝軒」のコメントはこちら
http://amasan.livedoor.biz/archives/50584275.html

住  所   東京都千代田区神田小川町3-1-5-2F
電話番号  03-3233-9911
営業時間  11時〜22時
点  数   ★★★☆